あなたのセレック審美治療を手助けする総合情報サイト

セレック審美治療をお勧めできる人

一般治療とセレック治療の比較

一般的な治療の流れは、歯を削ることから始まり、歯型を取り、歯科技工所で被せ物を作ります。その後それを歯科医が口腔内にセットします。この流れですと最低2回の通院が必要です。

セレックの場合を見てみましょう。治療の流れとしては、まず歯を削ります。その場でコンピューター制御で画像を取り、それを基に被せ物の設計をコンピューターがします。そうして設計されたものを基にしてコンピューター制御の工作機械がセラミックのブロックを削って被せ物を作ります。この間約1時間です。

こうして作られた被せ物ですが、従来のものですと15年後にもまだ被せ物として機能しているのは68%という統計が出ています。セレックの被せ物の場合には、15年後にも被せ物として機能しているのが93%という統計が出ています。

セラミック治療と保険

セレック治療はドイツで開発されたコンピューター制御の歯科治療ですが、コンピューター制御の治療が保険の対象外になるのではありません。セラミック治療が保険の対象外なのですね。

ですからセラミックを使った歯科治療を考えている人は、セレック治療ができる場合にはセレック治療を使うと時間の節約にもなり、費用の節約にもなります。セレックも開発されてから時間がたちますから、以前は被せ物に使うセラミックのブロックの種類が少なくて自分にぴったりの色合いのものが選べませんでした。

現在はそうした問題はほとんどありません。色合いの種類が増えたばかりではなく、色が層になっているものもあります。セラミックの耐久性は評価が良いのですがそれでも永久というものではありませんから、歯ぎしりをする人など各人の問題次第で定期的なメンテナンスが必要ですね。


この記事をシェアする