あなたのセレック審美治療を手助けする総合情報サイト

歯科医選びからセラミックの選択まであなたを全面サポート

セレック審美治療の流れ

セレック審美治療を受けるためにまず歯科医師の診断を受けます。そこでセレック審美治療が可能となればすぐに治療を始めます。

3D光学カメラで口腔内をしっかりと撮影します。従来のような型どりをすることなく被せ物の歯の近辺をスキャンして3Dカメラで撮影します。その映像を基にしてモニター上で歯の形態やかみ合わせを微調整してゆきます。

こうしてできた被せ物の設計図を基にして、コンピューター制御の工作機械でセラミックのブロックを削って被せ物を作ります。その時に自分の選んだ色合いのセラミックのブロックを使います。そして工作機械が削りだして作ったセラミックの被せ物を口腔内へセットします。治療後には再度噛み合わせの微調整をして治療が終わります。

セレック審美治療の値段

セレック審美治療は自由診療ですから保険がききません。一般的に審美治療は保険がききませんからどうしても治療費が高額になってしまいます。

セレック審美治療の場合には、通常の歯の治療に必要な歯型を取る必要がありませんから、歯科技工士にかかる費用分だけが安くなります。したがって通常考えられている歯科審美治療よりはずっと割安になります。治療にかかる時間も1時間程度ですから忙しい人にはずいぶんと時間の節約になります。

こうしたいろんな要素を考慮するとセレック審美治療は決して高くはありません。しかも統計上では15年は長持ちするという結果が出ています。金属アレルギーの心配もありませんからお勧めの歯科治療といえます。


この記事をシェアする